会計と家計は同じ⁈


会社の決算書と家計簿は同じたいって思っとっとよ(長崎弁です・・)

普段の言葉が一番しっくりくるので、出だしは普段の言葉で失礼します。

かといって、私が家計簿をつけていたかっていうと・・

全然です(涙)

なぜ家計簿をつけるか?

家計簿をつけないとどうなるか?

なぜつけないか?

「めんどくさい・・」これがダントツでしょうか?

あっ!!事業者の方も帳簿めんどくさいって思ってますよね(笑)

年末に、領収書を引っ張り出して「はぁ〜」

私もそうでしたから(笑)

じゃあなぜ面倒だと思うのか?う〜んどんなことかなぁ

面白くない・・・

楽しくない・・

疲れる・・

やっても役に立たない=やる価値がないと思う・・

苦手・・

すぐに終わらない・・

こんなことかなぁと思いついたまま書き出しましたが、

簿記・会計についてのボヤキに似ている( ;´Д`)

特に事業者の方は、税金を計算するためだからイヤ(涙)

例えば、先日ラジオで会社の決算書を見ると会社が何にお金を使っている

のかわかるよ〜ってお話しました。

こんなきつい仕事で給料なんで安いんだ!!

社長がたくさんもらってるに違いない!!

会計を学んでみた真実は違いました・・

給料安いって誤解してました・・

ごめんなさい社長〜(´Д` )

その時から、自分の給料以上の仕事を取っていこう!と思ったし

無駄を減らそうと、コピーの仕方から節約を考えました。

社長、スタッフにこの感覚を持って働いて!!と

ただお願いしても難しいんですよ。

私は、数字を見て納得したんです。

今こうだから、こうして欲しいが伝わるには

納得できるものが必要です。

この場合は、決算書の数字です。

だからこそ、経営者も数字を理解して必要な人に伝えるスキルが必要。

働くスタッフも、その話を理解できるスキルが必要だと思うのです。

会社よりに話が長くなりましたが、

家計簿も同じです。

(夫)「こんなに働いてるのにお小遣いこれだけかよ〜」

とお父さんは思っているかも・・

(妻)「いろいろ払うものあるから、我が家に余裕なんてこれっぽっちもない(怒)」

我が家は独立会計なので、この争いは起きにくいですが・・

(家計簿つけてる妻)

「お小遣いあげてあげれるように、がんばってるのよ。給料から、これを払って、今これだけ節約してるからね。」

家計簿に妻の努力が見えたら??

「ありがとう♡こんなに頑張ってくれているんだね♡」

とわからない怒りは愛に変わるかもしれません。

家計も会計もどうお金が使われているか?

これからどうしたらいいのか?

そんな情報が盛りだくさんです。

会計を学び家計簿はただの記録ではありませんよ。

将来の数字のための作戦やお金を生み出す知恵に変わっていきます。

必ず!!

会社はもちろん。

税金のためだけのの簿記・会計ではありません。

決算書から、過去だけでなく未来の作戦も浮かびますよ。

自分のために役立つ知識の投資を楽しく初めていきましょう!!

化粧水をつけるのも面倒という

超面倒がりの下釜がお伝えしました〜♫

#家計簿 #会計 #数字力 #決算書の読み方

特集記事