利益を考える研修を開催

先日、ユニオンソフト株式会社様の企業研修にお伺いいたしました。

ユニオンソフト様は、企業にとってとても重要な手形管理や支払管理などのソフトウェアを提供されている会社です。

企業が拡大していくと取引先も増え、支払先も増加します。

毎月発生する業務をスピーディーに確実にできる支援をしてくれるソフトウェアは

効率化も進めてくれます!!

ご存知ない方は、ぜひ下記のURLを見てみるとわかりますよ!

ユニオンソフト株式会社様のウェブサイトはこちら

さて、その財務などに大きく関わる事業をされているユニオンソフト様で「社長BOKIゲーム」を活用した

社員研修を実施してきました。

簿記の資格をお持ちの方も多いと伺っておりどんな展開になるのかな?

簿記の勉強とは違う経営を体験するもので、

「売りたい値段で売れた!!」

「臨時収入が♫」 の喜びの声や

「売りたいのに売れない・・」

「仕入れたいのに仕入れられない・・」

など、なかなか体験できないことをゲームを使って体験し、

決算書を作成していただきました。

利益発表では、1位から3位まで社長からの表彰があるなど熱い戦いが繰り広げられました。

ゲームの後は、全員の決算書から出た成績の解説と改めて振り返りを行い、今度は講義です。

講義の中心は、目標利益の計算や数値で表現する問題を考え解くなどの時間でした。

損益分岐点を知り、標利益をどう達成していくか?

社員の方も一緒に考え、学び進んでいかれる社風。

企業研修は、ともに成長し活躍できる取り組みなのだと改めて感じました。

これからも、体験参加型の会計研修をたくさんの方に広げて参りたいと思います。

ユニオンソフト株式会社の濱田社長、社員の皆様

本当にありがとうございました。

#社長BOKIゲーム #経営 #利益目標 #社員研修 #会計

特集記事